© 2018 by YONG architecture studio

日限山の住宅
2014
用途: 専用住宅
構造規模: 木造2階建
所在地: 神奈川県横浜市

施工: 建築工房OZAWA

今日緩やかに進んでいるモーダルシフトの最中、車との関係が分かち難い立地である、造成から数十年来の郊外ニュータウンでの戸建住宅の建替である。
接道面に地盤面高さを合わせた外部に、ビルトインとも地下車庫ともテラスともとれるような仮設的な空間構成をつくるため、屋内と屋外とクルマとにヒエラルキーなく上屋を架ける。これはこの社会変動の中での、この住宅の、あるいは次世代・次世帯に移行していくニュータウンにおける戸建住宅というタイプの将来可能性を、生き延びる選択肢(増築や用途変更)を残すための方法の一つとして考えている。