© 2018 by YONG architecture studio

藤棚のアパートメント

2016

用途: アパート
構造規模: 木造平屋建
所在地: 神奈川県横浜市

​施工:LIUKOBO

2つの居室と庭に面した共有部を持つ小さな平屋のアパートの計画。 入り込んだ住宅地の中に取り残されたアパートが地域と再び繋がるために 3部屋あった間取りから2部屋のみを残し、代わりに人を招き入れるための共有部を設けました。 共有部は隣地に向かい合う庭と繋がり、アパートの隣人、お客さん、お隣さんをつなぐ場所として機能します。 庭には大きな藤棚のような空間を作り、緑豊かな自然と、暮らしが絡まり合って時間とともに熟成されていく場所を 設けています。暮らしの蓄積が場所の豊かさに繋がるような環境を、小さなアパートから考えました。

掲載:

・『住宅特集』2017年10月号

・webマガジン colocal"リノベのススメ"

(vol.109)

https://colocal.jp/topics/lifestyle/renovation/20160506_72148.html

(vol.132)

https://colocal.jp/topics/lifestyle/renovation/20161230_89156.html